効果を得るには

クリームを塗る人

正しく使おう

日焼け止めの効果を得るためには正しく使うということが大切になります。汗で流れたり、タオルで拭いた時にとれたりするため、塗り直しは必ず行いましょう。メイクをするときには、スキンケアを行った後、化粧下地の前に塗るのが正しい順番です。キチンと塗り直すためにはメイクをやり直す必要が出てきてしまいます。メイク直しをするのが無理なら、メイクの上から使える日焼け止めを使って塗り直しを行うとよいです。日焼け止めを正しく塗るには適量を使用しましょう。勿体ないからといって適量を使わないと紫外線を防ぐ働きが十分に得られません。逆に塗り過ぎもよくないので適量を心がけましょう。使用説明書をよく読んで適量を使い、必要な場所に塗っていきます。塗り直しは二、三時間を目安にしましょう。塗り直しは面倒になるとサボってしまう方もいらっしゃいますので、スプレー式など使いやすい日焼け止めを選ぶとよいです。外出先では日焼け止めの保管方法についても意識しましょう。直射日光の元、暑い中にそのまま置いておくと劣化してしまう恐れがあるからです。保管に適した場所にキチンと保管して、日焼け止めそのものが劣化しないようにしておきましょう。塗り忘れがあると十分な効果が得られません。首の後ろや耳の後ろなど塗り忘れやすい場所こそ意識して塗りましょう。体の側面や手足の甲、ひざやひざ裏も塗り忘れやすい場所です。シミが出やすい場所なども塗り忘れや落ちやすいことが考えられますので、きちんと塗って対策をしておきましょう。

Copyright© 2018 日焼け止めの種類は豊富【シーンや使い心地に合わせて選べる】 All Rights Reserved.