選ぶ時の注意点

女性

数値を確認しよう

日焼け止めを選ぶときにSPFとPAという数値をチェックして、できるだけ高い数値の商品を選ぶという人も少なくありません。今現在、日本国内で販売されている日焼け止めは、SPF50+・PAは++++という数値が最高値と定められています。日焼けをしないことを考えると、国内最高数値の日焼け止めを選ぶのがベストと感じるかもしれませんが、実はそうではないのです。SPFとPAの数値が高ければ高いほど、長時間にわたり紫外線のダメージから肌を守ることはできます。しかし、この2つの数値は高くなればなるほど、肌への負担も大きくなり肌トラブルを引き起こす要因にもなってしまうのです。ですので日焼け止めを選ぶ場合は使用するシーンに合わせて、SPFとPAの数値を変えるという対策が必要となります。例えば、海など紫外線の量と強さ共に高く、日蔭も少ない場所で使う日焼け止めはSPFとPAの数値が高いものを選ぶと良いでしょう。日常生活で使う日焼け止めはSPF50+、PA++++といった国内最高数値だと、肌への負担が心配です。お買い物や出勤といったときや、洗濯物を干すなど日常生活で浴びる程度の紫外線であれば、SPF30・PA++から+++程度の日焼け止めで十分、効果が期待できます。このように、SPFとPAの数値が異なる日焼け止めを準備しておけば、様々なシーンで活用することができますし、日焼け止めによる肌への負担も軽減できるのでおすすめです。

Copyright© 2018 日焼け止めの種類は豊富【シーンや使い心地に合わせて選べる】 All Rights Reserved.