タイプ別の特徴

鏡を見る女性

使い分けることがおすすめ

日焼け止めと一言でいってもテクスチャーが異なる様々なタイプがあるので、各タイプの特徴を知っておくことをおすすめします。タイプ別の特徴を把握しておけばシーンに合わせて、使い分けることもでき、より便利に日焼け止めで紫外線対策をすることができるからです。日焼け止めとしてメジャーなクリームタイプは、日焼け止めクリームとしてだけでなく、化粧下地としても使用できる商品も少なくありません。メイクをする女性は日焼け止めを塗って、その上から化粧下地を塗るとなるとメイクの手間暇がかかってしまうので、化粧下地の代わりとなるクリームタイプを選ぶと便利です。また、クリームタイプは保湿効果も高く、乾燥肌という人も乾燥を気にすることなく、使えるという点もポイントとなっています。伸びが良く透明なジェルタイプは、全身の紫外線対策がしやすいという特徴や、白浮きしにくいという特徴があります。サラサラとした使用感ですので、日焼け止めを塗った後にも衣服がくっつくということは少なく、普段日焼け止めを使用しない人でも使いやすいでしょう。スプレータイプの日焼け止めは髪の毛に吹きかけることができ、ついつい忘れがちな髪や頭皮の紫外線対策をするときに、使いやすいタイプです。メイクをした上から重ね塗りする場合は、敏感肌でクリームやジェルタイプを塗ると肌トラブルを起こしやすいという人には、パウダータイプをおすすめします。パウダータイプは文字通り、パウダー状ですのでメイクの上から重ね塗りしても、よれにくいという特徴があります。また、パウダータイプはお子さんでも安心して使える、肌への負担が軽いという点も特徴として挙げられます。

Copyright© 2018 日焼け止めの種類は豊富【シーンや使い心地に合わせて選べる】 All Rights Reserved.