使う目的とは

クリーム

紫外線から肌を守る

シミを作らないために毎日、日焼け止めを塗って紫外線対策しているという人も、多いのではないでしょうか。シミは紫外線を浴びてダメージを負うと、肌細胞を守るためにメラニン色素という、黒い色素を大量に作ります。このメラニン色素が肌細胞に沈着することでシミとなるのですが、日焼け止めを使うことによって、紫外線のダメージを軽減してメラニン色素の生成を軽減できます。メラニン色素が作られる量が少なくなれば当然、シミも作られにくくなるため日焼け止めはシミ予防で使っている人が多いアイテムです。また、紫外線は肌の奥深くにある真皮層にまでダメージを与えることが知られており、シワやたるみを予防する目的でも日焼け止めを使う人も増えています。真皮層にはコラーゲンが網目状に張り巡らされており、このコラーゲンがあることによって、肌のハリ感・弾力性はキープされています。ですが、紫外線を浴びると紫外線のダメージによって、コラーゲンが変性してしまい、網目が崩れてしまうためハリ感が失われ結果、シワやたるみに繋がるのです。年齢を重ねても若々しい肌をキープしたいのであれば、日焼け止めでしっかり紫外線対策を行う必要があります。また若さを追求する女性だけでなく男性も日焼け止めは必要で、紫外線対策をすることが皮膚がん予防に繋がります。皮膚がんが発生する原因の1つには紫外線によるダメージがあり、美容に気を使わない男性であっても、日焼け止めでのケアは必要です。

Copyright© 2018 日焼け止めの種類は豊富【シーンや使い心地に合わせて選べる】 All Rights Reserved.